弊社での原状回復については、国土交通省の定める「原状回復ガイドライン」がその基準となっています。
端的に申しますと、普通に住んでいて生じる程度の損耗(通常損耗)や、
時間が経つことで自然に生じる損耗(経年劣化)は、家賃に含まれているとされ、貸主の負担となります。
一方、借主負担となるのは、手入れを怠ったり、用途違反や不注意による損耗などがそれにあたります。

新規にご契約される際に、お客様には説明をさせていただき、契約書もしっかり確認していただき、
ご不明のないようにお住みいただくことが弊社の願いです。
小さな疑問や今更聞けないと思われることも、是非、弊社担当者までご連絡下さい。
お時間の許す限り、ご相談させて頂きます。
賃貸物件を解約する際の原状回復について教えてください。