アパートとマンションの違いは構造です。
主に鉄筋コンクリート造のものがマンションで、それ以外(木造など)をアパートといいます。
一般的にマンションのほうが賃料が高いですが、火災に強い、音が漏れにくいなどのメリットがあります。
ただし、物件名称がそのまま構造の種類を表しているわけではないのでご注意を。
物件名に「アパートメント」という言葉が使われている鉄筋コンクリート造のマンションもあります。
同様に、ハイツやコーポ、○□荘の「荘」などは、あくまで名称の一部です。
広告などでは、構造の種類は名称とは別に明示されていることもあります。
ご不明な点がありましたら、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。
マンションとアパートって何が違うの?